毎日新聞の世論調査。靖国参拝見送りについて、日中首脳会談について、戦争責任についてなどの調査のほかに、石破茂氏の幹事長留任についての調査が行われているところに注目だ。今後の自民党の党運営だけではなく、選挙情勢に大きく影響するとみて、注視しておく。

情報資料

▼本社世論調査:首相の靖国参拝見送り支持71%
毎日新聞 2014年08月25日 07時00分

『 ◇日中首脳会談望む84%

 毎日新聞は23、24両日に全国世論調査を実施した。安倍晋三首相が8月15日(終戦記念日)の靖国神社参拝を見送ったことについて尋ねたところ、適切と「思う」と答えた人が71%に上り、安倍政権が関係改善を図る中韓両国などに配慮したことを評価した。適切と「思わない」は21%だった。

 参拝見送りについては、内閣支持層の71%が適切と「思う」と回答。自民党支持層の73%をはじめ、民主、共産党支持層でも8割を占め、無党派層も7割が見送りを評価した。

 首相が11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)で実現を目指す日中首脳会談についても「会談した方がいい」との答えが84%と大勢を占め、「必要はない」は10%だった。東アジアの緊張緩和に期待する世論の高まりを裏付けた。

 中国や韓国が「日本は過去の歴史を反省していない」としていることには、67%が日本の反省が「十分だ」と答えた。

 また、9月3日にも行われる内閣改造で首相は石破茂自民党幹事長に安全保障法制担当相への就任を打診しているが、石破氏が幹事長を「続投した方がよい」とした人は49%に上った。特に自民党支持層では67%が「続投した方がよい」としており、「続投の必要はない」と答えた23%を大きく上回った

 首相は来年9月の自民党総裁選に向けて、石破氏を閣内に取り込みたい考えだが、内閣支持層でも63%が幹事長を続投した方がよいと答えた。石破氏は安保法制担当相への就任を辞退する意向を固めている。

 内閣支持率は47%で、前回6月調査から2ポイント増。不支持は34%で1ポイント減だった。【念佛明奈】』

  • ポイント:
    安部首相の靖国参拝見送りについて、様々な支持層が7割〜8割で「適切と思う」
  • ポイント:
    日中首脳会談について、「会談したほうがよい」84%
  • ポイント:
    中韓が「日本は過去の歴史を反省していない」としてることについて、67%が「日本の反省不十分」
  • ポイント:
    石破茂の幹事長続投について、全体の49パーセントが「続投したほうが良い」自民支持層67%、内閣支持層63%
  • ポイント:
    内閣支持率47(+2)、不支持34(−1)

選挙無料メルマガを3分で登録!【登録フォームへ
選挙情勢を直接メールでお届けします。

選挙情勢分析

  • 毎日の世論調査。石破茂氏の幹事長続投に関する調査が行われている点に注目だ。特に自民支持層が幹事長続投を期待している結果になっている。
  • 特に自民支持層や内閣支持層の「石破幹事長続投」の期待は大きい結果になってることに注目だ。
  • 名護市長選挙や滋賀県知事選挙における官邸側候補の敗北の責任を取らせる、という報道も一部あるが、これは官邸の意向をくんだ報道だとみなして様子を見る。むしろ、石破茂はよくやったという声もあるだろう。沖縄市長選挙の勝利は逆風の中で勝利だった。
  • 次の幹事長ポストを欲しがる議員もいることだろう。ただし今後、福島県知事選、沖縄県知事選と、自民党にとっては誰が幹事長であっても苦しい選挙が続く。経験ある落ち着いた議員なら、今のタイミングで積極的に幹事長ポストにつきたいとは考えないだろう。
  • 安倍首相が、石破氏の幹事長ポストは今回までと発言していると報じられている。こうなった以上、次の幹事長が誰になるにせよ、内閣改造の余波がおさまるまでにある程度時間がかかると思われる。9月頭に内閣改造があり、10月26日福島県知事選挙の投開票、11月16日沖縄県知事選挙の投開票と続く。9月の内閣改造までに、この大きな2つの選挙について党本部がどのような姿勢を取るのかを固めておく必要があるだろうと注視しておく。
  • ちなみに、現在の官邸と自民党本部の関係は、「官高党低」。官邸の権力が強くなっている。
スポンサードリンク