福島県知事選挙田母神

日刊ゲンダイが、自民党側の候補として、田母神俊雄・荒井広幸・県副知事・日銀東北支店幹部の名前を報じている。

選挙無料メルマガを3分で登録!【登録フォームへ
選挙情勢を直接メールでお届けします。

田母神新党(仮) (ワニブックスPLUS新書)
田母神 俊雄
ワニブックス
売り上げランキング: 2,520

情報資料

▼10月福島県知事選 「田母神氏」に期待する安倍自民の末期
日刊ゲンダイ 2014年7月31日
『「田母神さんに出てもらうしかないんじゃないか」――。
 安倍自民が「最重要選挙」と位置付ける福島県知事選の告示(10月9日)まで2カ月余り。擁立候補の人選が難航し、今年2月の都知事選を争った元航空幕僚長の田母神俊雄氏(66)の出馬に期待する声が高まっているという。
「原発事故後初の知事選の焦点は、除染作業で出た汚染土などを保管する中間貯蔵施設の受け入れ問題です。政府は来年1月の稼働を目指していますが、石原環境相の『金目発言』などで地元の態度は硬化。そこで推進派の知事を据え、状況打開を図りたいのですが、そもそも復興の遅れに県民の不満は爆発寸前です。怒れる県民の矢面に立とうとする人材を見つけるのは困難ですよ」(自民党福島県連関係者)
■首相の“メシ友”荒井氏がヤル気満々
 党本部も県副知事や日銀の東北支店幹部などの擁立を模索しているが、いずれも知名度は今ひとつ。人材払底からか、福島・田村市出身で安倍首相の“メシ友”である新党改革の荒井広幸代表を担ごうとする動きもあるという。
「荒井さん本人はヤル気で安倍首相にも売り込んでいるようですが、『勝てる候補』と言えますか? それなら都知事選で61万票獲得の実績を持つ田母神さんに勝負をかけたい人は多いはずです」(前出の県連関係者)
 田母神氏の生まれは郡山市。県内有数の名門校、県立安積高を卒業しており、地元関係者は「OB会組織の強力なバックアップが期待できる」と話す。福島にも陸自の駐屯地があるため、党の選対関係者も「かなり票を取る可能性がある」とし、「無所属で出れば支援を検討する価値はある」と青写真を描くのだ。
  あとは本人の気持ち次第だが、田母神氏は都知事選後の雑誌取材に「現地には僕を出したい人がいっぱいいるらしく、実際、福島県の有力者から出馬の声を掛け ていただいた」と答えていた。本紙が改めて出馬の意思を確認すると、田母神事務所の担当者は「現地点では<出る>とも<出ない>とも言えない」と微妙な含 みを持たせた。
 田母神氏は「再稼働なくして復興なし」と豪語するバリバリの原発推進論者だ。原発事故の最大の被害者である福島県民に支持されるとは思えないが、焦る安倍自民にはそれが見えないのかもしれない』
  • ポイント:
    自民候補として、田母神俊雄・荒井広幸・県副知事・日銀東北支店幹部の名前が報じられている
  • ポイント:
    「金目発言」で自民党は大失点
  • ポイント:
    県民の不満の矢面に立てる人材
  • ポイント:
    田母神氏は、次の国選に挑戦すると明言したと報じられた(アメーバニュース)
  • ポイント:
    田母神は現地から請われていると主張。明言せず
  • ポイント:
    原発推進の政策が受け入れられるか未知数であること以外は、田母神にとって悪くない条件
選挙無料メルマガを3分で登録!【登録フォームへ
選挙情勢を直接メールでお届けします。

情勢メモ

田母神氏の名前は、水面下で随分前に伝わってきており、このメルマガでも初期にお伝えしたとおりだ。

都知事選の選挙戦を見るかぎり、選挙戦自体はどの立候補よりきちんと組織だっていた。実際に目にした皮膚感覚では60万は偶然ではなく選挙運動の効果が出ていた(国旗などは選挙戦の間にすぐに空気を読んで自粛したりなど対応が明確)。本人のキャラクター性も受けていた。

福島県民からすれば、原発推進の候補であることは、県民の総意とは大きくずれるものの、原発事故直後の2012年年末の衆院選では「復興」を看板に掲げた自民党が大勝したことから、戦術上うまく誤魔化せば票になる可能性がある。

リーダーシップなども他候補に比べてありそうというイメージもある。

相当戦えるのではないか。

田母神氏が出馬すると仮定すれば、他候補の戦術が重要になるだろう。原発反対を掲げた候補が乱立すれば票が割れ、田母神候補を利することになるとみる。

知名度の高い人物に絞る必要があるのではないか。

現職の佐藤雄平氏が立候補すれば、票があるていど大きく割れ、田母神氏に有利な展開になることが予想される。

おそらく田母神氏の動きを他党は静観しているのではないか。

現地の人の情報を待ちたい。

スポンサードリンク