河北新報の報道から。福島県知事選挙の情勢に影響する可能性があるインタビューだ。福島県を代表する政治家である渡部恒三氏のインタビューを掲載。氏のおいが現職の佐藤雄平だ。自公に対して、佐藤雄平氏へのあいのりを、強く提案する内容となっている。

情報資料:佐藤雄平知事への自公あいのりの可能性

▼「国内原発全て廃炉に」渡部恒三氏訴え
河北新報 2014年08月25日月曜日

『河北新報社のインタビューに応じる渡部氏=24日、会津若松市内
 元民主党最高顧問で、元衆院副議長の渡部恒三氏(82)が24日、会津若松市の自宅で河北新報社の単独インタビューに応じた。任期満了に伴う福島県知事選(10月9日告示、26日投開票)について「福島は緊急事態が続いている」と述べ、与野党が一致結束するよう呼び掛けた。福島第1原発事故を受け、「国内の原発を全てやめるべきだ」と主張し、脱原発の立場を鮮明にした。
 渡部氏の元秘書で、おいの佐藤雄平知事(66)は3選に向け立候補するか進退を明らかにしていない。渡部氏は「知事の進退についてはノーコメント」と言及を避けたが、福島県が今も緊急事態にある現実を踏まえ、「党利党略ではなく、県民本位の知事を選ぶべきだ」と持論を述べた。
 通産相を務めるなど、原発推進の立場にあった渡部氏は「こんな災害になるなんて夢にも思わなかった」と安全神話を信じ切っていた半生を振り返った。さらに「古里を失った県民の苦労や(放射性物質が)空気まで汚すことを思うと、原発は全て廃炉にし、再生可能エネルギーを推進するのがわれわれ国民の責務だ」と述べた。
 福島第1、第2原発が四半世紀以上にわたり首都圏に電力を供給してきたと強調した上で「原発事故の責任は100%国にある。『福島の復興なくして日本の復興なし』という立場で、国は最後まで被災者支援に全力を挙げるべきだ」と訴えた。

◎一問一答/福島知事選、与野党一致を

 元民主党最高顧問で、元衆院副議長の渡部恒三氏(82)は河北新報社のインタビューに対し、任期満了に伴う福島県知事選や原発政策などについて持論を述べた。(聞き手は福島総局・桐生薫子)
 -渡部氏を師と仰ぐ佐藤雄平知事(66)が3選立候補するかどうかが最大の焦点となっている。
 「知事の進退につながることは言えない。出ろとも出るなとも言わない。出処進退は政治家にとって最も大事。『出る時はできるだけ多くの人に相談し、ひく時は自ら決する』が持論だ」
 -知事の事故対応への評価は。
 「孤独だったはずだ。前例のない災害で厳しかっただろう。私が仮に知事だったら命を懸けていた。困難な局面はつらいものだが、政治家としてこれほどのやりがいはない」
 -昨年は郡山、いわき、福島の3市長選で現職が相次ぎ敗れた。
 「現職落選ドミノ現象と言われたが、そうした空気はもうないと思う」
 -自民党県連は3月、佐藤氏の面前で独自候補の擁立を宣言した。
 「自民党県連は超党派で臨むべきだった。福島は緊急事態が続いており、政党が争っている場合ではない。党利党略ではなく、県民本位で知事を選ぶべきだ。自民党本部も与野党が一致団結できる候補を望んでいる
 -福島のリーダーに求めるものは。
 「災い転じて福となす。復旧ではなく、復興させなければならない。10年後、20年後、福島はこんなに良くなったと言われるようにしなければならない。200万県民の中からふさわしい人を選ぶべきだ」
 -民主党政権時代の事故対応に批判がある。
 「千年に1度の大津波と初の原発事故という二重の苦難が福島を襲った。役人は先例と法律がないと動かない。民主党は官僚を敵視し、使いこなせなかった。初動が遅れたのはこうした理由からだ」
 -原発に関する考えは。
 「福島の原発が半世紀近く京浜工業地帯のエネルギーを支えてきた事実を忘れてはいけない。だが、原発はもう駄目だ。全て廃止すべきだ。原発が稼働していない今も電気は足りている」』

  • ポイント:
    おいが現職佐藤雄平氏である、渡部恒三氏のインタビュー。福島県を代表する政治家であり、県民への影響は大きいと見る。佐藤氏の判断に影響する(している)可能性もあるとみて念頭に置いておく。
  • ポイント:
    鉢村氏を自民党県連が擁立したことについて、「超党派で望むべきだった」「自民党本部も与野党が一致団結できる候補を望んでいる」と発言。これは自民党県連と本部に対するメッセージとみる。
  • ポイント:
    「200万県民の中からふさわしい人を選ぶべき」と発言。県民に対するメッセージと見る。鉢村氏は東京都出身であることを案に否定している発言とみる。
  • ポイント:
    「原発は駄目だ。全て廃止すべきだ」と発言。福島県は自治体として脱原発を掲げているが、東京電力を始め経済界は、福島第二原発を稼働させたがっているとみられる。そんな中で、今一度、福島県内の全ての原発だけではなく全国の原発を廃止すべきだと発言している。

選挙無料メルマガを3分で登録!【登録フォームへ
選挙情勢を直接メールでお届けします。

選挙情勢メモ:福島県知事選 佐藤雄平への自公あいのりの可能性

  • 福島県を代表する政治家渡部恒三氏の発言は、県内の様々な政治家や団体、県民に影響を与える可能性があるとみる。一問一答の内容は、明確にターゲットを絞ったメッセージとなっていると見て良いのではないか。
  • 自民党県連が鉢村健氏を擁立したことについては、これを批判的に指摘し、佐藤雄平氏への相乗りが良い選択肢であることを案に提案している。
  • 県民から選ぶべきだと主張し、鉢村氏が東京出身であることを案に指摘している。
  • 原発を全て廃止すべきだと主張していることは、思わぬところで影響があるかもしれない。共産党福島県委員会は、今回にかぎり、憲法護持を争点としていない。つまり憲法護持を掲げていない政党都の提携を視野に入れて動いている。この渡部恒三氏の意思をうけて佐藤雄平氏が掲げる政策によっては、共産党が支援できる状況が整うかもしれない。もし、佐藤VS鉢村となるばあい、共産党の動きに注目すると良い。実際に共産党は水面下で息を潜めて情勢を見極めようとしている。
  • 現在、中間貯蔵施設に関して、佐藤氏と官邸の交渉が続いている。佐藤雄平氏が出馬するならば、実績の1つとして追い風になる可能性がある。佐藤氏と官邸の交渉は、石原伸晃氏の金目発言などによって、佐藤氏に有利に進んでいる。
  • 福島県連は鉢村氏を擁立したが、本部は態度を保留し相乗りを視野に入れている。
  • 官邸が佐藤氏とのパイプはこのままで良いと判断すれば、鉢村氏の支援をしない可能性もあると念頭に入れておく。
  • 他に立候補を表明している、五十嵐氏、熊坂氏にとっては、このインタビューは追い風にはならないだろう。
スポンサードリンク